マッチング精度の高さがすべて。
そのために出来ること全てに全力で。

  • ENGINEERING CO.
  • エンジニアリング事業部 名古屋技術課
  • K.K

所属部門のミッションと仕事内容を教えてください

名古屋技術課はエンジニアの派遣と業務受託を担っている部署です。業務受託というのは、お客様から仕事を持ち帰って、弊社の刈谷設計センターというところで設計開発を行い、成果物を納める形の事業なのですが、割合で言いますとエンジニア派遣の方が圧倒的な規模があります。私はこのエンジニア派遣の営業を担当しています。お客様はメーカーさんやサプライヤーさんになるのですが、人材に関する課題やニーズの掘り起こしを営業活動を通して行い、エンジニア派遣という人材面から、技術にこだわりを持つお客様の開発業務を支え、貢献することがミッションである一方で、業務を通して技術者及び技術者を目指す人の成長と、組織の成長を図っていく事もまた、私たちの重要なミッションであると言えます。

名古屋技術課の営業職としては、一連の営業活動と、技術者と顧客の持つ案件のマッチング、派遣配属後の技術者のフォローが主な仕事です。具体的には、技術案件を獲得する為に新規企業への営業活動及び既存企業への営業活動を行います。案件数が多ければ多い程、各技術者の適性に応じた業務アサインが可能になる為、案件の受注は非常に重要な活動となります。

受注後は技術者同行の下、営業先へ出向き職場の見学や打合せを行います。顧客と技術者双方にてプロジェクトへの参画について合意すれば、契約決定となります。

契約決定をし、技術者の配属後は定期的に訪問し、技術者のケアやキャリア形成に関わるカウンセリング等を行います。またその他にも設計開発課(設計受託部門)の案件獲得の為の営業活動や、エンジニアのチーム運営、クレーム対応、単価交渉なども営業担当が行います。

この仕事をする上での難しさは、お客様の人材の課題、ニーズとエンジニアのやりたい仕事双方のニーズをマッチさせることに尽きると思います。エンジニアの望まない業務にアサインしても定着率やパフォーマンスに影響しますし、エンジニアの要望に100%応えられる案件をピンポイントで見つけてくることもまた難しい。それでもなるべく双方のニーズに応えられるよう、お客様の課題や業務を深く理解する必要がある一方で、エンジニアひとりひとりの想いの尊重やキャリア形成プランをしっかりと考えなければなりません。そうした役割をしっかりと遂行しながらビジネスを大きくしていく。お客様に貢献する。それが私たちの仕事です。

業務に求められるマインドや姿勢を教えて下さい

先ほどもお話しさせていただいたように、営業的な思考、つまり売上利益をいかに創出するかという思考とエンジニア的な思考、つまり技術的な知見の習得やスキルアップといった両方の思考が求められます。これまでに得た知識や経験を活かせる且つチャレンジングな案件への配属を意識しつつ、利益の得られる契約条件を狙う必要がある為です。

また、売上利益規模の拡大、人員数や業務領域の拡大が出来る事も重要な条件ですので、将来を見通す為の情報収集力や、仮説を立てる力も必要です。派遣ビジネスにおいては派遣法に則ったビジネスを行う必要がありますので、法知識も必要となります。

こういった業務における営業として高い成果を上げられる人というのは「マッチングの精度の高さ」に集約されると思います。マッチングの精度が高いということは、お客様に対して派遣エンジニアがバリューを発揮できているということでもあり、エンジニアもやりがいをもって業務に取り組めているということになります。結果として利益につながりますし、エンジニアの満足度にもつながるからです。

シゴトのやりがいや魅力がどんな点にあるか教えて下さい

名古屋技術課の仕事の醍醐味は人の成長の一助を出来る事だと思います。技術者のキャリア形成に関わるとは言っても実際に行動を起こすのは技術者本人ですが、カウンセリングを行い一緒になってキャリアを考えていく事が出来る為、めきめきと技術を身につけてエンジニアとして自立していく姿を見るのは喜びであり、やりがいにつながっています。そのエンジニアがお客様から高い評価をいただいた時は更に嬉しいですね。

私個人の目標としては、名古屋技術課をエンジニア集団として更に強くしていきたいという想いがあります。体制であったり、業務のあり方であったり、改善しうることは改善しつつ、バランスの取れたマネジメントができるよう私自身も成長していきたいですね。派遣業務のひとつひとつの成果と、チームの成長、私の成長。これらが同時に叶えば、最高のやりがいにつながると思います。

なぜDPTを選んで入社したのか理由を教えてください

私が就職活動をしていた時期はリーマンショック直後であり、当時「派遣切り」という言葉もあり、派遣に対しては良いイメージを持っていませんでした。ただ、派遣を深く知る事でそれは誤解だという事に気付きました。本人に寄り添い、本人のキャリア形成を支援する為に適性の職場にアサインして、長い目で支えていくという事は人の役に立てる仕事であり、役に立つ事が出来ると感じた為ですね。また、アウトソーシング企業の中で先を見通して事業拡大を積極的に行っているのがDPTであり、自分が活躍できる領域が必ずあると思えたからです。

内部にいるからこそ分かるDPTの特徴や求職者に参考になることを教えてください

「技術」と言うと理系のイメージかと思いますが、営業においては技術についての意欲・興味があれば文系出身でも十分活躍出来ます。やはり営業ですから、知識以上に人との関わり、コミュニケーションが重要になります。DPTという会社全体の視点で考えますと、「失敗を恐れない」「とにかくやってみるという姿勢」「成長に貪欲であること」「素直であること」が求められると思います。どのキーワードも、個人、組織両方の持続的な成長に不可欠な要素だと考えています。結果も大事ではありますが、一生懸命なプロセスもしっかりと見てくれる会社だと思いますので、共に成長していきたい、活躍をしていきたいと切望する方にはとても良い環境ではないでしょうか。

上司から見た K.K

エンジニアリング事業部
名古屋技術課
T.H

Kさんは課の中で一番若いのですが、お客様にもエンジニアに対してもきめ細かい対応ができていて好評です。若手のエンジニアたちにとっては面倒見の良いお兄さん的な役割ができているのではないでしょうか。

営業活動に限らず、業務改善等いろんな提案もしてくれますし、私自身、彼の成長を楽しみにしています。営業活動や顧客とのリレーションは十分にできていると思いますので、今後はわたしの管理業務を手伝ってもらえたらと思います。