期待に応えたい。
強い想いを胸に、学ぶ日々。

  • OUTSOURCING CO.
  • アウトソーシング事業部
    営業課
  • O.S

所属部門のミッションと仕事内容を教えてください

2016年に入社しまして、アウトソーシング事業部の営業課で新規取引先を担当させていただいています。製造業のお客様に労働者派遣や製造請負、有料職業紹介の活用をしていただくにあたり、顧客開拓や提案を行っています。営業課ですので「顧客の獲得」が一番のミッションなのですが、すぐに受注につながらなくても、お客様とのリレーションを図り、関係を作り上げていくことも大事な役割であると考えています。

仕事の流れとしては、架電をしてアポイントを取り付けるところから始まり、ヒアリング、提案を行います。お客様の生産計画が予定通りに進むよう、人材面からお客様を支援する仕事です。

業務に求められるマインドや姿勢を教えて下さい

主に新規開拓を担当していますので、架電からアポをとりつけるのがなかなか難しくて。お電話で「会って話を聞いてみよう」と思っていただけるだけのトークスキルや引き出しを身につけていかなければと思います。どんなお客様も課題がゼロということは決してないと思うんです。何かしらの課題をお持ちのはずで、それをいかに早くキャッチアップして提案につなげられるかが重要だと考えています。課題を見つける力、提案する力、それらを魅力的に語る力が求められますよね。その点、やはり先輩方は本当にすごい。課題の発見から提案、顧客との関係づくりに至るまでのスピードがとても早いですし、しかも丁寧で的確で。どうしたらそうなっていけるのか、試行錯誤しながら、経験を積みながら学んでいるところです。

姿勢としてはお客様視点に立っていかにご要望にお応えするかということなのですが、お客様も様々で、そのままではご要望に添えない場合もあります。そういった中、納得いただける落とし所を見つけるために、提案の組み立て方も大事なわけで。自分にとっては何から何まで勉強ですね。

シゴトのやりがいや魅力がどんな点にあるか教えて下さい

自分の力で初めてアポイントを取れた時のことをよく覚えています。訪問には上司に同行いただきました。緊張していて上司とお客様の会話に入っていくことすらできませんでしたが、初めて成果が出せたことが嬉しかったですね。お客様からは「信頼できる」「Oさんに提案してもらって良かった」と、社内からは「成長した」と評価していただけることが一番のやりがいにつながっています。

周囲の方々にはいつもアドバイスをいただいているのですが、皆さんどんなに忙しい時でも時間を割いてくれるんですね。大変ありがたいことですし、何とか期待に応えていきたいという想いが強いので、早く一人前の営業として力を発揮できるようになること、それが目下の目標です。

なぜDPTを選んで入社したのか理由を教えてください

一番の決め手は、社員の方々に魅力を感じたからです。入社してまさに実感していますが、先輩や上司に恵まれているというのは、本当にありがたいことだなと。できる方と一緒に仕事ができること、その方々がとことん自分に向きあってくれることが嬉しいですし、成長につながります。あとはそうですね、やっぱり社風でしょうか。先輩方のお人柄とも関係がありますが、皆で頑張っていこう、成長していこうという文化があります。大企業だったら、こんなにはしてくれないんだろうなってぐらいのサポートをいただいています。風通しもいいですし。成長したい、活躍したいという方にとってはとてもいい会社だと思います。

内部にいるからこそ分かるDPTの特徴や求職者に参考になることを教えてください

DPTに限らないことかもしれませんが、営業的な観点で言うと、相手の立場で物事を判断できる方が向いていると思います。自分だったらどう思うか、どう判断するか、、、視点の多さがお客様の課題を見つけるスピードにつながると思いますし、提案を深めることになると思います。自分の成長のスピードも上げられるのだと思います。あとは積極的な発言、行動ができる人、前向きに何でもトライできる人でなくてはならないと思います。いろんなことに積極的に関与し続けると言いますか、先輩や上司の方々が自分にしてくださっているように、自分にも後輩ができたらしっかり、深く関与してあげられるようになりたいですね。

上司から見た O.S

エンジニアリング事業部
メディア事業部
アウトソーシング事業部
N.Y

Oくんはまだ1年目ということもあって、学んでいくこと、経験を積んでいくことに一生懸命だと思います。Oくんに限らずですが、新人には「自分がどうなりたいのか、どうありたいのか」というビジョンを描きながら成長していって欲しいですね。新人はどうしても目の前の事に終始しがちなもの。そもそも成長の方向性としてどうなりたいのかが定まっていなければ、経験を積んでも「歯車」にしかなり得なくなってしまいます。歯車にならないように、また、「ドライブされる側」ではなく、「ドライブする側」になるために「ゴールのビジョンが何」で、「それを叶えていくために今必要なことが何」ということを意識して過ごせるかどうかですね。自分を見つめ直した分だけ、自分に向き合った分だけ成長できるのではないでしょうか。それを意識しながら上司や先輩のアドバイス1つ1つをしつこくしつこくやっていく。「分かりました」という反応ではなく、積極的に行動する。積極的に影響する。これらが重要だと考えています。そういった意味ではOくんは本当に先輩に恵まれていると思いますよ。何とか成長させてやりたいと思って関わってくれる人に支えられていますから、是非、確固たるビジョンをもって、その方達の期待に応えていって欲しいなと思います。