製造業の人財育成はなぜ重要?効果的に人財育成する3つのポイント!

DPT

製造業において、深刻化しているのが人手不足の問題です。人手不足を解消するためには、人財育成に力を入れることが重要だとされています。なぜ問題解決のために、人財育成が重要視されているのでしょうか。

そこで、この記事では製造業における人財育成の必要性や、効果的に人財育成を行うためのポイントについて紹介します。

製造業が抱える課題とは

日本における製造業において問題視されているのが、人手不足の深刻化です。なぜ人手不足が叫ばれているのかというと、それは技能継承を含め、若手社員に対してきちんと人財育成ができていないことが関係しています。

生産現場における技能継承は、生産性に直結する非常に重要なことです。ただ、製造業の現場では若手社員の育成をしたくても、教える人財や時間が確保できないなどの理由から、なかなか技能継承がうまくいかないケースも多くみられます。また、若手社員だけではなく、次世代の管理者が育ちにくいことも大きな課題となっています。

実のところ、日々稼働する工場ではマネジメント層がいなくても、操業できるケースもあるでしょう。そのため、将来的には育成を考えているものの「今は困っていない」という考えを持つ企業も少なくありません。

本来マネジメント層の育成は、企業の成長や競争力を高めるうえで欠かせない要素といえます。しかし、日本の製造業界ではマネジメント層の育成を先延ばしにして、その場しのぎの運用となっているケースも多いのが現状なのです。

製造業の人財育成の重要性

製造業の人手不足や生産性などの問題を解消するため、IT技術のニーズが高まっています。こうした変化に対応するため、企業はITに強い人財を育成することが喫緊の課題となっています。

とはいえ、AIが普及してもコミュニケーションを必要とする仕事は人間がそのまま行う可能性が高いでしょう。したがって、製造業における今後の人財育成では、IT知識およびコミュニケーション能力の向上がキーポイントとなります。他者の気持ちやその場の雰囲気を読み取ることは、AIにとって難しいものです。

AIを適切に使いこなし、なおかつ周りとのコミュニケーションを円滑に取りながら業務を遂行できる人財が求められます。このように、ITが普及したあとも、人間が行う分野に関するスキルを育成する必要があるでしょう。

製造業の人財育成強化のポイント

製造業の人財育成を効果的に行うためには、いくつかポイントがあります。どのようなことに気を付ければ良いのか、ポイントをチェックしていきましょう。

1.まず現場の指導力を向上させる

人財育成において、まずポイントとなるのが「現場の指導力を向上させる」ことです。製造業の人財育成がうまくいかない原因の一つとして、教える側と教えられる側の認識がずれていることが挙げられます。

教える側、つまり熟練技術者は自分で努力して技能を身につけたというケースも多いでしょう。その「技術は見て盗むもの」という自負や認識が強く、相手にわかりやすく教えるスキルが不足しているケースがあります。このように、製造業の人財育成においては、まず直属上司やOJTトレーナーなどの意識改善が必要なのです。

たとえば、効果的な人財育成を行うには、作業のやり方だけではなく、目的や意義もあわせて伝えることが大切です。ただマニュアルを渡して終わりという教育ではなく、熟練技術者による経験や感覚をもとに、しっかりと説明を行うと良いでしょう。

なお、指導時間の確保が難しい場合は、ビデオを活用する方法があります。熟練技術者と若手の動きをそれぞれ撮影し、その内容を見て違いを確認させるというものです。ビデオによって熟練技術者の負担を軽減でき、若手はじっくりと自主学習に励むことができます。

2.目指す人物像を明確にする

人財育成では「目指す人物像を明らかにする」ことも重要です。自社ではどのようなスキルを持った人財が必要なのか、社員に対し明確に示す必要があります。これにより、従業員は目指すべき方向性をはっきりと理解でき、その人物像に近付けるよう努力できる状態をつくれるのです。

製造業で求められることが多いのは、発想力が豊かな人財や、技術・技能などさまざまな立場の社員をまとめられる人財などです。このような人財は企業の発展や成長に貢献してくれるでしょう。

3.人物像を重視して採用する

育成のためにはすでに雇用している従業員だけではなく、「新規採用する人財」にも着目することが大切です。採用面接では熱意や誠実さなど、人物像に注目しましょう。また、面接でしっかりとコミュニケーションが取れるかどうかもチェックしておきたいポイントです。

採用面接における注意点としては、学歴や経歴に固執し過ぎないことが挙げられます。なぜなら、新しいスキルは入社して3年程度あれば身につけられるケースも多いためです。そのため、あまり経歴にこだわり過ぎず、伸びしろやポテンシャルなどを重視して選ぶと良いでしょう。

長期的な利益を見据えて人財育成計画を立てよう!

製造現場において、必要な技術を身につけるまでにはどうしても時間がかかります。そもそも製造業界は長い人財育成計画が必要な業種ともいわれています。したがって、短期的に結果を求めるのではなく、長期的な視点で育成に取り組むことが重要です。

人財の育成や採用時のポイントなどを参考に、長期的な利益を見据えて人財育成計画を立てましょう。

工場・製造業の採用でお困りの方はこちら>>

ドライバーの採用でお困りの方はこちら>>

警備員の採用でお困りの方はこちら>>