仕事に対するミスマッチが多い?製造業の早期退職を防ぐ方法

DPT

製造業は、ものづくり大国である日本を支える基幹産業です。しかし、その現場では仕事に対する認識のギャップなどにより、約6割が1年未満で退職しているのが現状です。採用しても、すぐに辞められてしまうことに悩んでいる採用担当者も多いことでしょう。

本記事では、工場などの採用担当者に向けて、製造業で早期退職が起こりやすい原因やその対策について解説します。

仕事が不安定?製造業で早期退職が起こりやすい原因とは

製造業の現場では「仕事にやりがいがない」「給料が安い」などといった理由で退職してしまう人が多い傾向にあります。この段落では、製造業で早期退職が起こる主な原因について解説します。

1.想像とのギャップ

製造業では、想像していた仕事とのギャップを理由に辞める人が少なくありません。過去に製造業で就業していた人に辞めた理由を尋ねた際、よく聞かれるのは「入社前と後で仕事に対するイメージのギャップがあった」といった意見です。

「長時間同じことを繰り返す仕事にやりがいを感じられない」、逆に「簡単な仕事と思っていたのに緻密さやスピードを求められ、思っていたよりもきつい」などがその具体的な内容です。

製造業での現場の仕事は、専門知識がない人でも始めやすいとされています。しかし、実際には長時間の立ち仕事が多く、場合によっては重労働もあるため、体力と集中力に自信がある人でないと長続きしにくいといえます。

2.雇用が不安定

雇用が不安定であることも、製造業の早期退職が増える理由の一つです。製造業は職歴や学歴がなくても採用されやすい仕事であるものの、非正規雇用の割合も高くなっています。しかし、求職者の多くが希望する雇用形態として正社員を挙げています。

業種によっては、そのまま勤めていても正社員にはなれないケースも少なくないため、将来に不安を感じて退職してしまう人が多いのです。

また、製造業では転居を伴う仕事も少なくありません。もともとの労働状況があまり良くないところに、さらに自宅から遠すぎる勤務地を提示され、嫌になって辞めてしまうケースも散見されます。

3.給料が安い

製造業は企業によっては、給料が安い場合があります。製造業の現場で働く人の雇用形態は、契約社員やパートが比較的多めです。このように非正規従業員の場合では、正社員並みのボーナスや昇給は期待できないため、年収はどうしても低めになってしまいます。

残業代で手取りを増やしたくても、ライン作業などのように職場全体で定刻までと決まっている場合には残業がありません。残業がある工場でも裁量労働制を取り入れているケースでは、みなし労働時間の採用によって残業代が一定額しか支払われない場合もあります。

面接の方法と労働環境の整備が鍵!早期退職を防ぐ方法

早期退職を防ぐためには、面接や評価制度などの見直しが肝心です。ここでは、早期退職を防ぐための対策を解説します。

1.入社前に現実を伝える

採用ミスマッチによる早期退職を防ぐためには、入社前に現実を伝えておくことが大切です。採用活動において企業や仕事の魅力をアピールすることは重要ですが、良い面しか伝えていないと、入社後のギャップが生まれやすくなります。

現場へのヒアリングを丁寧に行い、職場環境や仕事に関する現状課題を人事担当者側で把握したうえで、求職者にもきちんと説明しましょう。

その際、単に課題があるという話だけで終わらせるのではなく、改善に向けて企業としてどのような取り組みをしているのかを前向きに伝えることがポイントです。

2.評価制度を整える

評価制度を整えることも早期退職防止につながります。評価基準が曖昧な評価制度では、働きがいを見出すことが難しくなります。上司と部下が目標を共有することができて公平な評価制度が設けられていれば、評価にも納得感が生まれやすく、離職を思いとどまる人も増えるはずです。

給与を直接上げるのが難しい場合には、インセンティブポイント制度を導入すると効果的です。日ごろの貢献に対する感謝のメッセージと共に、景品や金銭などと交換できる報酬ポイントを付与すれば、働きがいが高まります。

3.労働環境の見直し

早期退職者は大幅に減少させるには、労働環境の見直しも必要です。長時間労働や休日出勤が蔓延していると、従業員は疲弊し、モチベーションも下がってしまいます。

従業員の視点に立ち、業務の効率化を追求したり、休めるときには休めるように有給休暇を推奨したりしていくことが大事です。また、製造業の場合は作業場の音や臭い、暑さや寒さなどが働く人のストレスになっているケースも多々あるため、そういった不満にも目を向けていきましょう。

オペレーションに不慣れな人にいきなり一人で任せない、困ったときにはすぐに相談できるような雰囲気をつくるなどの取り組みも有効です。そのためには、現場の責任者である管理職のマネジメントスキルを向上させていく必要もあります。

製造業の求人はジョブコンプラスがおすすめ

製造業の早期退職を減らすためには、求人広告に掲載する情報を充実させ、採用面接においても良い面だけでなく、悪い面も平等に伝えるのが理想的です。加えて、評価制度の見直しなど、従業員が働きやすい環境を整えることも重要です。

もちろん、求職者の意欲も退職率を左右します。やる気のある求職者を集めたい場合には、工場・製造業に特化した求人サイトのジョブコンプラスがおすすめです。

工場・製造業の採用でお困りの方はこちら>>

ドライバーの採用でお困りの方はこちら>>

警備員の採用でお困りの方はこちら>>