トップページ > 人を知る > メディア事業部 制作課 Y.J

求人サイトのデザインを通して
人と人との縁をつなぐ喜び。

  • MEDIA CO.
  • メディア事業部
    制作課
  • Y.J

所属部門のミッションと仕事内容を教えてください

「ジョブコンプラス」という工業系の専門媒体、「ジョブコンプラスD」というドライバー専門サイト、「ジョブコンプラスS」という警備の専門サイトに載せる求人画像の制作が主な仕事です。

営業スタッフが仕事を受注してきて、その内容をもとに「画像をこうしよう」などの打ち合わせをして制作し、納品して、それが掲載されるというのが一連の流れになります。
文字情報だけだと読まない若者も多いので、そこにメリットを載せたり、給与を大きく打ち出したり、職場の方の顔を大きく載せたりなど、分かりやすく伝えることが大切ですね。専門サイトだけに、同じような職種の中でいかにその会社の魅力や特出した部分を表現していくか。それが難しくもあり、面白いところでもあると思っています。

業務に求められるマインドや姿勢を教えて下さい

デザイナーはお客様との打ち合わせや取材には同行せず、営業さんの情報を元に社内で制作します。ですから営業さんとの打ち合わせでは、依頼シートに書かれていないことでも「こんな良いところがあるんじゃないですか」など、こっちからいかに引き出していくかも重要になってきます。協力して仕事を進めていきますので、クリエイティブ能力ももちろん大切だけれど、実はコミュニケーション能力がまずは大事。デザイン力はあとからついてくる感じですね。

制作において必要なことはやっぱりユーザー目線になること。企業側の情報ばかり聞いて担当営業と二人で盛り上がって「ちょっとかっこいい感じで作ろう」ってなってしまったら、それは求人原稿ではないと思う。あくまで求人原稿としてユーザーさんに良い情報、つまり分かりやすくて仕事に興味が持てて、応募の背中を押してあげるような情報を提供するのが良い求人原稿なのかなと。それができるように、しっかりとユーザー目線になって分りやすい言葉・画像で伝えるということを忘れてはいけないと思います。

時にはクライアントから「派手派手しく」とか「この色ではなくこっちの色で」など、正直気が進まない依頼もあります。ですがそこは新しい試みというか、自分では思いつかない引き出しと捉えて挑戦する面白さもあります。実際、やってみたら予想外に結果が出たりすることもあるんですよね。

シゴトのやりがいや魅力がどんな点にあるか教えて下さい

制作したものを喜んでいただけるのはうれしい。さらに一所懸命練って制作して、それが求める人材にちゃんと刺さって、応募や採用につながったと聞くと一番うれしい。営業さんがそういったフィードバックをきちんとくれるし、そのような人間関係を築けていることも喜びですね。
求人系のデザインはじっくり作り上げて「どん!」と出してみんなが「おー!!」と言うものではないけれど、一人の人の人生に大きく関わることではあります。自分が間違った伝え方をすれば全然違う縁を結んでしまうことになる。そういう意味では、人と人との縁をつなぐ喜びをすごく感じています。

なぜDPTを選んで入社したのか理由を教えてください

前職も自社媒体の求人系サイトの制作をしていましたが、自社サイトばかり作っていていいのか?もっと成長したい、というモヤモヤした気持ちがあって。そんな時に、前職で一緒に働いていて、先にDPTに転職した先輩から声をかけていただき、「話を聞いてみたいな」と。
自社サイトを作るというベースは一緒でも、DPTはいろんなことに挑戦していこうと考えている点や、社外の仕事の受注も視野に入れていることが分かって、これまでの自分の仕事が柱にありつつも、いろいろと挑戦していけそうだと感じました。ドキドキワクワクできる仕事だなと。それってみんなが夢・情熱・感謝を持っているからこそ。そんな社風に惹かれたんだと思います。

内部にいるからこそ分かるDPTの特徴や求職者に参考になることを教えてください

求人系の部署には「これをやりたいんだ!」っていう職人気質の人も多く、もちろんそれでもいいんだけれど、マインドとしては営業的な感覚を持っている人の方が長続きするんじゃないかと思う。
向上心のある人にとって、スキルアップになる会社だと思います。

上司から見た Y.J

メディア事業部
課長
O.Y

アシスタントで入社した時から見ているので素地素養がちゃんとあるのは分かっていたけれど、今ではメディア事業部をどうしていこう、DPTをどうしていこう、というように視野がどんどん広がり、視差が上がっているのをすごく感じます。
「画像を作る」という主業務がありながら、コスト面や段取りまで把握したり、そのために必要な知識を吸収していったり。以前は画像制作だけが仕事だったけれど、今は部署全体のことや後輩育成、自身の将来をどうしていくかなど、担う責任の幅が広がっている。
DPTの社風としても、意欲があれば挑戦できる。与えられたことだけやっているのではなく、自分たちが進んで学んでいる最中です。例えば今後は動画バナーが主流化していくので、それまでには自分たちも知識を高めていこうとか。彼女自身もコーディングの力を吸収して、それを内製化していったらより仕事に広がりが生まれますよね。
受け身ではく、自分たちが考えて行動することが主体性につながるのだと思います。